にゃんこ大戦争Wiki
Advertisement

概要[]

Ver6.0.0で追加された、にゃんこ城の様々な強化が行えるシステム。日本編第1章クリアで解放される。

ガマトトの兄でありにゃんこ城開発隊長の「オトート」に一定時間開発させると、様々な見た目のにゃんこ城や、特殊効果を持つにゃんこ砲を開発することができる。

にゃんこ砲の開発・強化[]

各にゃんこ砲は、土台部位→装飾部位→主砲部位の順で開発し、主砲まで開発すると戦闘で特殊なにゃんこ砲が撃てるようになる。

土台・装飾にはにゃんこ砲への特殊な効果は無く、装飾として使うことが出来る。

開発・強化には、指定数の「助手と素材」が必要。開発を中断しても、素材・助手は戻らないので注意。

ガマトト探検隊と同様に「ネコビタン」を使用することができ、開発時間を短縮することも可能である。

特殊効果を持つにゃんこ砲は、にゃんこ砲攻撃力レベルが合計10以上でなければ開発ができない。

さらにLv11以降の強化には、にゃんこ砲攻撃力レベル20+10、にゃんこ砲チャージレベル20+10とする必要がある。

ver.9.8から特殊効果を持つにゃんこ砲の一部につき強化レベルがLv30まで拡張され、素材としてアンモナイトが必要になる。

助手と素材の入手先[]

助手[]

助手はガマトト探検隊で見つけることができる。助手の定員数は5人。

ガマトト隊員脱退時にも助手として採用することができる(助手定員オーバーの場合を除く)。

にゃんこ城開発の手伝いに参加した助手は開発後はいなくなる。

素材[]

素材の入手先は主に以下の通り。

  • レジェンド・真レジェンドステージでのドロップ
  • いにしえの素材ゲリラ発掘祭のクリア報酬
  • 風雲にゃんこ塔31F以降のクリア報酬
  • 強襲ステージのクリア報酬※アンモナイトは、真レジェンドステージのドロップ報酬でのみ入手可能。
    レジェンドステージでの素材ドロップでは、各マップごとに「抽選回数」「ドロップ率」の2つのパラメーターが設定されている。

「抽選回数」は素材入手のドロップ判定が行われる回数で、これは挑んだマップと★に依存する。

基本的にステージの★が高い程ドロップ判定の回数が増え、「千里の道」以降の★3ステージで最大となる(★4は★3と同じ)。

尚、ドロップ判定は最大5回だが、ハズレの確率もあるので必ず5つ素材が手に入るというわけではない。

そしてマップごとに「各素材のドロップ率」が決められており、抽選回数だけドロップ判定が行われる。

例えば絶島パンデミックの★2に挑んだ場合、レンガ8.8%、羽根4,9%、備長炭4,9%、歯車13.7%、骨18,6%、のドロップ判定が4回行われる。

ドロップ率はマップごとに決められているので、★が変わってもドロップ率自体は変わらない。

但し抽選回数が増えて結果的に素材が手に入る確率が上がるので、素材を集めるならばドロップ率と共に★が高いステージがいい。

  • 羽根と歯車と黄金の岬
  • 備長炭と謎の骨の島
  • レンガと宇宙石の洞窟これらの各ステージをクリアすることでも素材を入手できるが、目当ての素材は狙いにくい故に素材の偏りが大きく、消費統率力に対する効率も★3のレジェンドと比べると悪いので、あまり効率的ではない。
Advertisement